歯のガタガタを治したい・歯列矯正

歯のガタガタを治したい


1.概論
2.叢生(ガタガタ)の治し方
3.叢生の治療例
(CASE.1.2.3.4.5.6)

歯が重なり合っている状態を乱ぐい歯とか、矯正では叢生と言います。
(八重歯もその1つで、昔はチャームポイントと言われたこともありますが、、、)
「前歯がガチャガチャなので、笑うと恥ずかしい・・・」とか、「写真に写ると、凹んでいる歯の所が黒く見える・・・」などと悩んでいる方は多いですね。

ガタガタの歯並び(叢生)

笑うと・・・

ガタガタの歯並び(叢生)の笑顔

 

ガタガタの歯並びの場合、見た目の問題にプラスして歯磨きが行き届か無いことも多く、長い目で見れば虫歯や歯槽膿漏になり易いお口の環境であり、短い目で見れば口臭などお口のエチケットの問題を起こしやすい環境です。
 

叢生の治し方は?

 
「顎」の大きさに対して「歯」の数や大きさのバランスが合っていないから、きちんと並びきれなくて、歯並びがデコボコしてきます。

小さい子供と違い、大人の場合は「顎」を大きくすることは出来ません。 となると、「歯」の数を減らして「顎」の大きさとのバランスを取ろう!というのが一般的な治療法です。
そのため、上下左右1本ずつ(計4本)抜歯して、矯正を始めることが多いですね。

まれにですが、歯のガタガタの具合が軽度の場合、噛み合わせや口元の出具合などの諸条件を鑑みて、非抜歯(抜歯をしない)で矯正を試みることもあります。
その場合は、歯列(歯並びのアーチ)をクワドヘリックスという装置で横方向に拡大したり、歯に付けたブラケットで前方を中心にやや全体に拡げたり、歯と歯の間を少しだけ(約0.25㎜ずつ)削ってスペースを稼いだりなどします。
 

叢生の治療例

 
CASE.1
(20代 女性 学生)
【Before】

ガタガタ(叢生)の矯正
nmbefore4
nmbefore5

➡(診断)顎と歯の不調和による叢生。
上下左右の奥歯を1本ずつ計4本抜歯して、マルチブラケットシステム(スタンダードtype)で矯正を開始。

nm0start5

*スタンダードtype:上下の歯の表側に白いブラケット&銀色のワイヤーのストレートワイヤー矯正

【After】

ガタガタ(叢生)の矯正
nmafter4
nmafter5

治療期間 1年1ヶ月間
治療費 62万6400円

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

CASE.2
(20代 女性 看護士)
【Before】

ガタガタ(叢生)の矯正
2006.12.1 064
2006.12.1 067

➡(診断)顎と歯の不調和による叢生。
上下左右の奥歯を1本ずつ計4本抜歯して、マルチブラケットシステム(ハーフリンガルtype)で矯正開始。

2007.3.1 147
2007.3.1 149

*ハーフリンガルtype:上の歯の裏側にブラケットとワイヤーを付けた舌側矯正、下の歯の表側に白いブラケットと銀色のワイヤーのストレートワイヤー矯正

【After】

ガタガタ(叢生)の矯正
2008.5.15 034
2008.5.15 037

治療期間 1年4カ月間
治療費 77万7600円

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

CASE.3
(20代 女性 会社員)
【Before】

DSC_0890before
DSC_0896before
DSC_0897before

➡(診断)顎と歯の不調和による叢生。
上下左右の奥歯を1本ずつ計4本抜歯して、マルチブラケットシステム(ハーフリンガル・ホワイトtype)で矯正を開始。

DSC_1395start
DSC_1400start

*ハーフリンガル・ホワイトtype:上の歯の裏側にブラケットとワイヤーを付けた舌側矯正、下の歯の表側に白いブラケットと白色のワイヤーのストレートワイヤー矯正

【After】

DSC_0314after
DSC_0324after
DSC_0328after

治療期間 1年3カ月間
治療費 85万3200円

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

CASE.4
(20代 女性 会社員)
【Before】

ガタガタ(叢生)の矯正
106
112

➡(診断)顎と歯の不調和による叢生。
上の左右の奥歯を1本ずつと左下の奥歯を1本の計3本抜歯して、マルチブラケットシステム(スタンダードtype)で矯正を開始。

041

*スタンダードtype:上下の歯の表側に白いブラケット&銀色のワイヤーのストレートワイヤー矯正

【After】

ガタガタ(叢生)の矯正治療
DSC_6135
DSC_6138

治療期間 1年4カ月間
治療費 62万6400円

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

CASE.5
(20代 女性 会社員)
【Before】

644
655
657

➡(診断)顎と歯の不調和による叢生。
上下左右の奥歯を1本ずつ計4本抜歯して、マルチブラケットシステム(ハーフホワイトtype)で矯正を開始。

319

*ハーフホワイトtype:上下とも歯の表側に白いブラケットを付け、上は白いワイヤー&下は銀色ワイヤーのストレートワイヤー矯正

【After】

DSC_5442
DSC_5449
DSC_5452

治療期間 1年9カ月間
治療費 71万2800円

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

CASE.6
(20代 男性 学生)
【Before】

073
082
085

➡(診断)顎と歯の不調和による叢生。
上下左右の奥歯を1本ずつ計4本抜歯して、マルチブラケットシステム(ハーフリンガルtype)で矯正を開始。

DSC_1072
DSC_1080

*ハーフリンガルtype:上の歯の裏側にブラケットとワイヤーを付けた舌側矯正、下の歯の表側に白いブラケットと銀色のワイヤーのストレートワイヤー矯正

【After】

DSC_9939
DSC_9947
DSC_9950

治療期間 1年9カ月間
治療費 77万7600円

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・