インプラント矯正

インプラント矯正

 

顎の骨に植立された矯正用インプラントは、力を加えても動くことはありません。 その特性を利用して、矯正治療の際に力を加えるときの力点として様々な使われ方をしています。
(特に骨の柔らかい上顎骨に対して用いることが多いです。)
状況(ブラケットの付いている場所、治療目的など)により、様々な場所に植えて矯正治療に用います。

奥歯の頬っぺた側に植えたり、
IMG_7821

前歯の唇側の上の方に植えたり、
IMG_7831

上顎の内側に植えて付属品を付けて用いたり、
IMG_7793

例えば、ガミースマイルや開口の治療で、歯を圧下(押し込む)するときの力点として。
出っ歯や上下顎前突の治療で前歯を引っ込めるときの力点や補強として、などです。

ISA Immediate Surgical Anchor

直径1~2㎜で長さが10㎜程度の小さなネジ状のモノで、チタン製です。(スクリュータイプの矯正用ミニインプラント)
IMG_7788
施術に際して外科的な侵襲はとても少なく、術後の不快感もあまりありません。
通常、歯ぐきの上から、インプラントを直接捻じ込んでいきます。
(当然麻酔はしていますので、抜歯よりも更に痛くありません)
治療後に不要となり除去する時も、麻酔をして簡単に取ることが出来ます。