口元を引っ込める矯正

口元を引っ込める歯列矯正


1.概論
2.口元が出てる人の治し方
3.口元が出てる人の治療例
CASE.1.2.3.4.5 「普通に矯正で治した症例」
CASE.6 「セラミックで治したが納得が行かず、矯正で治した症例」

口元がモコっと出ているのが気になる!」
猿顔のようで嫌だ!」
口を閉じにくい!」
このように、口元が出ていることが悩みの種の一つ・・・という方はかなり多いようです。
歯のガタガタや出っ歯を治したいという思いと合わせて、口元が引っ込んでくれればもっと嬉しい!と多くの方が言われます。
矯正では、上下顎前突とかバイマックスと言います

このように口元が出ているのは、出っ歯だから・・・とかではなく、東洋人の人種的特徴として、上下の歯並び全体が頭蓋骨に対して前方に位置していることが大きな原因です。
だから、噛み合わせを見ても、出っ歯の人だけでなく、普通に良い咬み合わせの人もいます。

口元を引っ込める治し方は?

鼻の下から口唇にかけての軟組織を前方に押し出している前歯とその歯肉の部分を、奥へ引っ込めることで、口唇が引っ込んで行き、口元も引き締まっていきます。
(よく小顔になった!という表現をされますね。)
通常は、上下左右の奥歯を1本ずつ(計4本)抜歯をしてスペースを作り、その分、前歯を出来るだけたくさん引っ込めて行きます。

親知らずがあれば、治療が始まってから抜歯してもらいます。(埋伏していても!)
必要なら、補強として矯正用インプラントを併用します。

目指すは、美しいエステティックラインです。

エステティックライン

但し、この唇の変化量は「絶対にこのくらい引っ込む!」 という簡単で分かりやすいものではありません。リケッツ先生という方の有名な研究では、前歯が引っ込んだ量の1/2~1/3ぐらいであろうと推定しています。
しかし実際には、想定以上に引っ込んで変化する方もいるし、予想通りだね。。。という方もおられます。
唇という軟組織は、柔軟性に富んでいるので、歯の位置の多少の変化は吸収してしまうのです。 いま、どのぐらい押されて緊張しているのか、柔軟性はどうか、唇の厚みは、などなど様々な要因が絡んできます。

上下顎前突の治療例

CASE.1
(20代・女性・会社員)
《主訴》口元を引っ込めたい
【Before】

DSC_5153
DSC_5142

➡(診断)上下顎前突。
➡(治療方針)上下の前歯を最大限に後方へ移動。
➡(抜歯)上下左右の奥歯を1本ずつ 計4本抜歯。
➡(治療装置)マルチブラケットシステム(ハーフリンガルtype)で矯正を開始。

DSC_5789
DSC_5794

*ハーフリンガルtype:上の歯の裏側にブラケットとワイヤーを付けた舌側矯正、下の歯の表側に白いブラケットと銀色のワイヤーのストレートワイヤー矯正

【After】

DSC_0431
DSC_0419

保定: 上下ともフィックスタイプ&クリアリテーナー
治療期間: 2年9カ月間
治療費用: 77万7600円

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

CASE.2
(20代・女性・会社員)
《主訴》口元を引っこめたい
口を閉じるときに力が入って、オトガイに皴ができる
【Before】

口元が出ている方の矯正
uchidabefore2

➡(診断)上下顎前突。
➡(治療方針)上下の前歯を最大限に後方へ移動。
➡(抜歯)上下左右の奥歯を1本ずつ 計4本抜歯。
➡(治療装置)マルチブラケットシステム(ハーフホワイトtype)で矯正を開始。

uchidastart

*ハーフホワイトtype:上下とも歯の表側に白いブラケットを付け、上は白いワイヤー&下は銀色ワイヤーのストレートワイヤー矯正

【After】

口元が出ている方の矯正
uchidaafter2

保定: 上下ともフィックスタイプ&クリアリテーナー
治療期間: 1年10カ月間
治療費用: 71万2800円

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

CASE.3
(20代・女性・会社員)
《主訴》口元が飛び出ている
【Before】

256b - コピー
244b

➡(診断)上下顎前突。
➡(治療方針)上下の前歯を最大限に後方へ移動。
➡(抜歯)上下左右の奥歯を1本ずつ計4本抜歯。
➡(治療装置)マルチブラケットシステム(ハーフホワイトtype)で矯正を開始。

DSC_6798

*ハーフホワイトtype:上下とも歯の表側に白いブラケットを付け、上は白いワイヤー&下は銀色ワイヤーのストレートワイヤー矯正

【After】

DSC_4740b
DSC_4737b
DSC_4729b

保定: 上下ともフィックスタイプ&クリアリテーナー
治療期間: 2年5カ月間
治療費用: 71万2800円

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

CASE.4
(10代 女性 学生)
《主訴》前歯がガタガタして、歯が出ているように見える
【Before】

mitsubefore1-6
mitsubefore1-2

➡(診断)上下顎前突。 上下とも叢生を伴う。
➡(治療方針)上下の前歯の叢生を解消した後、最大限に後方へ移動。
➡(抜歯)上下左右の奥歯を1本ずつ計4本抜歯。
➡(治療装置)マルチブラケットシステム(ハーフホワイトtype)で矯正を開始。

mitsustart2-1

*ハーフホワイトtype:上下とも歯の表側に白いブラケットを付け、上は白いワイヤー&下は銀色ワイヤーのストレートワイヤー矯正

【After】

mitsuafter3-6
mitsuafter3-2

保定: 上下ともフィックスタイプ&クリアリテーナー
治療期間: 1年7カ月間
治療費用: 71万2800円

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

CASE.5
(20代・女性・会社員)
《主訴》Eラインをもっときれいにしたい
【Before】

yamabefore1-6
yamabefore1-2

➡(診断)上下顎前突。 やや上顎前突傾向。
➡(治療方針)上下の前歯を後方へ移動。(上は最大限に、下は中程度に)
➡(抜歯)上下左右の奥歯を1本ずつ計4本抜歯。
➡(治療装置)マルチブラケットシステム(ハーフリンガルtype)で矯正を開始。

yamastart2-1
yamastart2-2

*ハーフリンガルtype:上の歯の裏側にブラケットとワイヤーを付けた舌側矯正、下の歯の表側に白いブラケットと銀色のワイヤーのストレートワイヤー矯正

【After】

yamaafter3-6
yamaafter3-2

保定: 上下ともフィックスタイプ&クリアリテーナー
治療期間: 2年
治療費用: 77万7600円

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

CASE.6
(20代・女性・会社員)
《主訴》他院で前歯をセラミックにして引っ込めようとしたが結果に納得が行かない。
【Before】

口元が出ている方の矯正
バイマックス1nogu1

➡(診断)下顎の劣成長を伴う上下顎前突。
➡(治療方針)上下の前歯を最大限に後方へ移動。
➡(抜歯)上下左右の奥歯を1本ずつ計4本抜歯。
  *後日、上の歯を2本追加抜歯して治療継続。
➡(治療装置)マルチブラケットシステム(ハーフホワイトtype)で矯正を開始。

336start

*ハーフホワイトtype:上下とも歯の表側に白いブラケットを付け、上は白いワイヤー&下は銀色ワイヤーのストレートワイヤー矯正

【After】

口元が出ている方の矯正
DSC_0372

保定: 上下ともフィックスタイプ&クリアリテーナー
治療期間: 2年7カ月間
治療費用: 71万2800円
*前歯はとりいそぎ硬質レジン前装冠(保険)で修復治療

 

/////////////////////////

**矯正のエトセトラ**

 

/////////////////////////