私でもきれいになる?

本当にきれいになるの!?

 

セラミックで審美歯科治療をしたとき、一番の心配は、「本当にきれいになるの!?」ということでしょう。
他人のお口を見たときに、いかにも「さし歯」「作りものの歯」だと分かる違和感たっぷりの前歯を見たことがある人は多いと思います。

koi1-1

だいたいにおいて、審美歯科治療というのは、周りの人から話を聞くことはあまりないのが普通です。 おまけに、いかにも作り物・・・という差し歯なら見たことがある・・・
となると、「高いお金を払って治しても、あの程度??」と心配は尽きません。

白いだけではダメです

白い歯というだけでは、審美歯科治療とは言えません。
前歯だったら。。。

nakayuaftersmile

奥歯だったら。。。

白い奥歯にする審美治療

まるで自分の歯みたい! どこを治したのかわからない
と、お誉めの言葉をいただく時が何よりも嬉しい瞬間です。

そのために面倒なステップを踏みます

審美治療にあたっては、仮歯の段階から形態に気を付けて、技工士さんにも立ち合いをお願いしたり、完成後も仮付けを行いしばらく様子を見ます。
仮付けで様子を見ている間に、違和感がなく、「これなら、歯を気にすることなく笑える! 話せる!」となれば、磨き直して本付けをして治療は終わりです。
もしも、「もう少しココを修正して欲しい!」という点があれば、あらためてお預かりして修正を加えて、それを再度仮付けして様子を見てもらいます。
あなたが、本当に「治療して良かった♪」と納得できる状態になって、審美歯科治療は完了します。

安心して私たちにお任せください。