審美治療の流れ

審美治療の流れ

 

審美治療の流れ(クイック矯正を含む)

1.シミュレーション

審美歯科(クイック矯正)のシミュレーション

セラミックによる審美歯科治療で、どのくらいきれいになるのか!?を模型上でシミュレーションして、確認します。
いくら口で説明されても、全然ピンと来ないと思います。 実際にその完成予想模型を見て、少しでも実感してください

私たちにとっても、治療プランの確認になります。
このステップを経て、説明された治療プランに納得がいけば、いよいよ審美歯科治療が始まります。

2.仮歯に置き換え

治療する部位の歯をあらかじめ準備された仮歯に置き換えます。
(この仮歯は、模型によるシミュレーションで「OK!」をいただいたのとまったく同じ形です)

仮歯に置き換えた歯については、神経を取ったり、詰め直したり、など必要な前処置を行います。
合わせて、お口のクリーニングを行い、歯肉を引きしめていきます。
目的は二つあります。
◎ セラミックの型採りをスムーズに行えるように!
◎ きれいになった後、それを維持するために歯磨きの確認指導!

3.仮歯の修整

実際にお口の中に歯が入ると、模型で見たのとは違う風に感じたり、歯の長さを含めて不都合が判明したりすることがあります。
この段階で、自分の持つイメージにより近づけるために修正したり、不都合を修正したりします。

4.型採り⇒試適&色の確認

審美歯科・セラミック治療

仮歯の形がほぼイメージ通りになったら、セラミックの型採りをします。
次のステップでは、ジルコニア(セラミック)のフレームを歯に試適してきちんと適合しているか!を確認します。
問題無ければ、技工士さん立ち合いの下、歯の色の確認をします。

5.仮付け⇒本セット

仮付けを経て、納得いけば、本セットにて審美治療は終了

完成したセラミックは、まず仮付けを行います。
しばらく様子を見て、違和感がなく自然な見た目であるか!? 本当に気持ちよく笑えるか!? を確認します。
問題無ければ、磨き直して本セット。 審美治療はようやく終わりです。

しかし、噛み合わせはもちろんですが、色合いとか形とかでもしも不具合があれば、それを修正して再度仮付けをします。
そして、不具合がなくなり納得できれば、あらためて本セットになります。

* 単純な古いさし歯のやり直しの場合は、最初のシミュレーションがありません。