コンポジットレジン・審美歯科

コンポジットレジンでプチ審美

費用もあまりかからないので、気軽に銀歯を白い歯にできます

 

コンポジットレジン

 

さあデンタルクリニックでは、銀歯を白くしたい時、第1選択はコンポジットレジン充填です!

この治療法、
歯医者サイドからすると手間もかかるし、儲からないし・・・・・

 

でも、患者さんサイドからすると、多くの利点を持つとても素晴らしい治療法です。

 

コンポジットレジンのあれこれ

コンポジットレジンの利点

1.歯質の削除量が最小限で済む。

材料としての硬さという意味では、他の審美歯科材料と較べて強度は落ちます。 しかし、粘りがあるために、セラミックのように強度維持のために更に多くの歯質を削るということをしなくても済みます。

 

2.治療が1回で終わる。

削った部分に直ぐコンポジットレジンを充填して、噛み合わせの調整と形態の修正及び表面研磨を行います。

 

3.見た目が審美的です。

カメレオン効果により周りの歯質と一体化して、とても自然な見た目を与えます。

 

コンポジットレジンの欠点

1.適応症に限界がある。

機械的強度がやや弱いので、全てのケースに対応して処置が出来る訳ではない。 大きな銀歯への適応は無理です。

 

2.将来的に変色のリスクがある

時間の経過に伴い、どうしてもコンポジットレジン自体の色や艶といった見た目は多少の劣化を起こします。

(実際の話として、処置後数年でそういう状態になるということはありません。)

 

3.処置にある程度の熟練が要る

通常、セラミックなどで治療する場合は、型採りをして、造るのは別の人(技工士さん)がきれいな白い歯を作ってくれます。 しかし、コンポジットレジンで治療するの場合は、削った所に詰めるのも、白くてきれいな歯に形を作っていくのも、ドクター自身がしなくてはいけません。

また、歯と歯の間にまで範囲が拡がっている場合は、技術的に更に難しくなります。

 

コンポジットレジン充填の治療の流れ

 

コンポジットレジン

1.銀歯の入った歯があります。

 

銀歯を白く

2.銀歯や補強材、虫歯の部分を除去します。

 

歯 詰め物 白くする

3.接着剤を塗布をして、必要なら隔壁をセットします。

 

歯の詰め物 白く

4.大まかに形態を整えながら、隅々にまでコンポジットレジンを充填します。

 

銀歯 白くする

5.更に噛み合わせの調整を行いながら、形態を修正&研磨し、仕上がりです。

このような銀歯をコンポジットレジン充填で白くできます

 

コンポジットレジン

 

 

 

関連ページ

>>『 銀歯を白くしたい! 』

 

/////////////////////////

**審美歯科のエトセトラ**

  • コスパ良く白い歯に
  • ナチュラルで白い歯に
  • ジルコニア
  • 治療の流れ
  • 審美歯科Q&A
  • 前歯を白くしたい
  • 銀歯を白くしたい
  • 古い差し歯を白くしたい
  • 歯の形を治したい
  • 歯並びを治したい
  • 歯がないところを治す
  • 削りたくない
  • 短い歯も長い歯に
  • 審美歯科の基礎知識
  •  

    /////////////////////////