ラミネートベニア

ラミネートベニア

 

歯のダメージを最小限で、白い歯に!

ラミネートベニア

ラミネートべニアとはセラミックで出来た「付け爪」をイメージしてもらえれば、分かりやすいと思います。

セラミック ラミネートベニアクラウンの特徴

ラミネートベニアクラウンは、歯の表面全体を0.5mm程度の厚みだけ削除します。
(歯を削る量が少ないので、処置時に麻酔が要りません)
審美材料としてセラミックを用いています。だから、自由に色を表現できるのです。

歯のエナメル質の厚みがだいたいの所で0.7mm程度ですから、削ってもそこはまだエナメル質ということで、虫歯に強い状態のままです。

材質はセラミックですから、後々に変色するなどの心配は要りません。

適応症としては

1.部分的~全体的に変色した歯を白くする

ラミネートの対象1

例えば、軽度の変色歯、変色した詰め物が大きい、神経が無い歯の変色などの場合などです。
*重度の変色では、オールセラミッククラウンが適しています

2.形態不良の歯の形をきれいにする

歯の形がおかしい1

例えば、歯の形が尖っていておかしい等の場合です。
*大きく変える場合は、削る範囲を広げたセラミックジャケットが適しています

3.歯並びの隙間を埋めて整える。

すきっぱ2治療前

例えば、歯並びの正面に隙間があるなどの場合です。