ジルコニアクラウン・審美歯科

ジルコニアクラウン

ジルコニア 審美歯科の治療で用いられるセラミックの一種です

 

ジルコニアってなに?

ジルコニアはセラミックの一つです。

ジルコニアブロック(スイスのメトキシ社製)をコンピューター制御の高精度なCAD/CAM技術で削り出して製作することで、従来よりも簡単に高レベルのセラミックの仕上がりを得ることができるようになりました。
*スイスのメトキシ社のジルコニアブロックが最高級の品質と言われています。

ジルコニア・クラウンの特徴

1.コンピューター処理で製作を行うため、費用をぐっと抑えることが可能になりました。
以前は CAD/CAM の制御が粗く、必要十分な仕上がりに出来ませんでした。 しかし、最近は精度の高い CAD/CAM 技術によるジルコニアクラウンの製作が可能になり、問題を解決することが出来ました。

2.歯の色合いについては限りがあります
ジルコニアのブロック(塊り)を削り出して作るので、基本はそのブロックの色で出来上がってきます。

いろいろなブロックから削り出して作られたジルコニアクラウンの色見本の一例

削り出されたクラウンの表面にステインという「色付けの表面処理」を最後に加えることでかなり色合いを合わせることもできます。

ジルコニアクラウン四方山話

奥歯の場合、前歯と異なり、概ね色合いが合っていれば見た目に不自然さを与えずに済みます。

ジルコニアクラウンが入ったお口の中
(右下の奥歯3本がジルコニアです)

前歯で用いるオールセラミッククラウンは、このジルコニアをベースにして作られています。 ですから、同じように技工士さんの手を更に加えていけば、前歯と同じように歯の色合いを合わせることができます。

しかし、よけいな(?)手間をかけて費用を上げるより、少しでも安い費用で提供することを優先した方が良いと考えています。
実際の見た目にも十分に実用的で、「色が合わなくて困る・・・」などという問題を経験したことは全くありません。