見えない・目立たない歯科矯正

見えない・目立たない歯科矯正

 

歯並びは気になるけれど、人の目も気になるもの・・・
そんな貴方でも、人目をあまり気にせず矯正治療ができます。

例えば、上の歯の裏側にブラケット(矯正装置)を付ける裏側矯正(リンガルtype)を選んだ場合、

ハーフリンガルホワイト矯正での笑顔

たとえ上の歯の表側に付けても、白いブラケット&白いワイヤー(ホワイトtype)を選べば、

ハーフホワイト矯正での笑顔

どうでしょうか?
小さい子がよくしているギンギラ銀の矯正とは、イメージが全然違うと思います。

当院での矯正前・金属のブラケットとワイヤー

年齢を問わず、美しい歯や歯並びを求めて矯正を行う方が増えてきたため、矯正治療をしていて物珍しく思われることはなくなりました。
とはいえ、鏡を見る度に銀色の装置が見えるのは嬉しいことではありません。

さあデンタルクリニックでは歯列矯正中のストレスを少しでも減らすために、歯の表側に付ける場合でも白いブラケットが標準です。
用いる治療用の針金については、白いワイヤー、普通の銀色のワイヤーとがあり、選ぶことができます。

DSC_3722-1

もちろん、どちらも歯の動きは同じです。

詳しくは、>>「矯正装置の色々」を参照して下さい。